解決できる範囲|小顔になって綺麗を手に入れる【クリニックで受けられる施術】

小顔になって綺麗を手に入れる【クリニックで受けられる施術】

解決できる範囲

看護師

切らずに済むかは診断次第

プチ整形の技術が向上し、切らずに整形をすることが可能になりました。中でも小顔になりたいと願ってきた人たちにとって切らない小顔整形は人気の治療方法となっています。切らずにどのように小顔になるかというと、基本的には注射による治療が用いられます。種類もボトックス注射やヒアルロン酸注射など、症状によって使い分けられます。そのため、悩まされている症状の発症原因の特定を行なうなど、医師による慎重なカウンセリングの上に成り立っている治療です。症状によってはプチ整形の範囲で治療できず手術をすることになったり、注射ではなくマッサージなどでアプローチするほうが適当と判断されたりするケースもあります。切らない小顔整形に向いているのは、筋肉でできたエラやフェイスラインのバランスで顔が大きく見えている人です。エラはボトックス注射で小さくできますし、フェイスラインはヒアルロン酸注射で整えることができます。それ以外の症状の場合は医師から適した治療法が提示されますので、医師と相談しながら治療に踏み出すかを考えると良いでしょう。エラで悩んでいる人が治療を考える際、ボトックス治療とエラ削り治療に行き着くと思われます。どちらもエラの除去治療においては代表的な治療方法ですが、医学的な知識がないと何が違うのかいまいちわかりません。ざっくり分類するとしたら、治療の仕方でいうと切るか切らないか、用いる場面でいうとエラの質が筋肉か骨かの違いとなります。ボトックス治療は注射による治療で、筋肉でできたエラに効果があります。ボトックス注射を施された筋肉は脳からの指令をブロックされ、使われにくくなり痩せていきます。エラになっていた筋肉そのものが縮んでいくため、小顔の効果が得られる仕組みです。一方エラ削りは、骨でできたエラを患者の希望に合わせて削っていく治療です。アゴにメスを入れる大がかりな治療となります。両方ともエラが解消されて小顔効果は得られますが、ボトックス治療に関しては効果を持続させるために通院する必要があります。成分の効果が切れると、エラが元に戻ってしまうことがあるからです。エラ削りは一度治療を完了してしまえば再発の恐れはありませんので、治療後は経過観察だけで問題ないことが多いです。

Copyright© 2018 小顔になって綺麗を手に入れる【クリニックで受けられる施術】 All Rights Reserved.